ホーム > NEWS & EVENTS

BCNetwork 第2回乳がん治療情報フォーラム in 東京のお知らせ

ニュース 2018/11/11

11月18日(日)開催の第2回乳がん治療情報フォーラム@東京のお知らせです。

日本の乳がん治療の先端を行くトップの医師の方々にお集まり頂き、現在話題の乳がんと遺伝子検査を含む全ての乳がんのサブタイプの最新の治療情報を検証します。 ご質問と参加お申し込みは、post@bcnetwork.org まで。

<患者それぞれの乳がん治療をめざして> *遺伝子検査、転移再発乳がん治療、HER 2 乳がん治療、トリプルネガテイブ乳がん *治療後も使えるウイッグを探そう(参加者モデル4名)

開催日:11月18日(日)13:00〜16:30(受付は12時オープン) 会場:昭和大学江東豊洲病院、9階講堂(東京都江東区豊洲5−1−38) 会費:1500円(お飲み物と美味しいスナック付き) 司会:小嶋修一氏(TBSテレビ解説委員・エキスパート部長) 挨拶:仲本光一・外務省診療所長・ジャムズネット東京理事

第1部:医師講演と参加型質問コーナー

講師:中村清吾昭和大学病院・乳腺外科部長教授

<乳がん治療に活かす遺伝子検査>
津川浩一郎聖マリアンナ医科大学病院・乳腺・内分泌科教授

 <転移・再発乳がん治療>
山内照夫聖路加国際病院・腫瘍内科部長

 <最近どうなっているのHER2乳がん治療>
鶴谷純司・昭和大学病院先端がん治療研究所 腫瘍内科

 <トリプルネガテイブ乳がん治療とその将来>

第2部:医療ウイッグ・メイクファッションショー(協賛:アデランス社)

   司会:曽我千春さん(乳がん経験者・ボルクネスト社代表)

null)

第5回ジャムズネットワールド会議・シンポジウム in NYC

ニュース 2018/11/11

null
2018年10月5日,6日の期間に、第五回JAMSNET WORLD 会議、シンポジウムが開催されました。 5日のレセプションでは本間代表、ジャムズネット東京理事であり外務省診療所所長の仲本光一氏による挨拶から始まり、2018コータローバーンズアワード受賞式も行われました。

2018コータローバーンズ   JAMSNET東京理事、     JAMSNET代表
 アワード受賞者        外務省診療所所
  森翔子さん         仲本光一氏        本間俊一氏
null null null

6日午前9時~11時まで開催されたJAMSNET WORLD 会議では、主にJAMSNET各地の活動報告、3年5年10年後のFuture Visionについて話合われました。今回のJAMSNET WORLD会議を通して、JAMSNET WRLDは健康と社会福祉の情報ネットワーク、緊急時のサポート、紹介・相談のサポートをする団体であり、外務省、領事館との協力は非常に重要であること、また領事館が直接対応できない部分にJAMSNET が効率的に対応し、互いの関係が有効に機能していることが確認されました。今後の課題として、南米、アフリカにも拠点を作り広げること、経済的に効率よく運営するために寄付などを得る手段として、ソーシャルメディア、ウェブをうまく使い、現在一番進んでいるJAMSNET東京と各地をつないでいくシステムを作ることなどがあげられました。

JAMSNET東京理事、外務省診療所所長       JAMSNET アジア代表
      仲本光一氏                橋口宏氏
null null

JAMSNETアジア、在パプアニューギニア      JAMSNETカナダ代表 傳法清氏(左から3人目)
  大使館医務官 吉田常孝氏              岡田由佳氏(左から2人目)
null null
東北大学助教授胃腸科、消化器科医師       JAMSNET東京理事長、春日部さくら病院院長
       菅野武氏               古閑比斗志氏
null null

午前11時15分~午後5時30分まで開催されたJAMSNET WORLD シンポジウムでは、「海外における邦人支援と医療事情」、「海外における介護事情」、「今日からの生活のヒント」をテーマに世界各地より10名の医師、専門家による公演がおこなわれました。 「海外における邦人支援と医療事情」では、海外では社旗制度も医療事情も違いまた国によってどの様に事情が違うのか、その国での体験を含めお話しいただきました。「海外における介護事情」では、認知症サポーターを育成し、日経高齢者向け住宅を運営しているトロントのモミジヘルスケア協会の報告を聞き、同じく認知症サポーター養成の活動やシニア向けの支援をしているニューヨーク、フィラデルフィアからも代表を迎えデイスカッションをしました。「今日からの生活のヒント」では古武術を利用した介護方法、東日本大震災の実経験を通して得た困難を乗り越える力について、そして様々な感染症と癌についてなど、大変興味深いおはなしをして頂きました。そしてシンポジウムの締めくくりとして、一日のイベントでの質問、また医療、教育、福祉に関する質問、日ごろの疑問点などをお受けし、デイスカッションが行われました。

理学療法士、介護福祉士          医療アシスタンス会社経営
   岡田慎一郎氏                 高木毅氏
null null

第五回ジャムズネットワールドシンポジウムで発表されたスライドPDF版をこちらよりご覧ください。

JASSI(Japanese American Social Service Inc) 2018年度上半期活動報告

ニュース 2018/07/11

セミナー「NY州で医療機関を受診するために知っておきたいこと」

2018年4月20日(金)、JASSIは日系人会とJAMSNETが共催する第10回サクラ・ヘルス・フェアに参加し、「NY州で医療機関を受診するために知っておきたいこと」と題したセミナーを開催しました。プログラムアシスタントコーディネーターでニューヨーク州保険申請カウンセラーでもあるシン文恵が、アメリカの健康保険、保険用語、オバマケア、保険のない方のためのオプションなどを解説しました。41名の参加者からは様々な質問があり、保険への関心の高さが伺えました。今回のセミナー開催のため、 Access Health NYCを通じた助成金をCoalition for Asian American Children and Families (CACF)よりご支援いただきました。

null

無料乳がん検診

JASSIは Korean Community Services of Metropolitan New York, Inc.(KCS)とのパートナーシップの元、40歳以上の女性へ無料の乳がん検診を6月16日(土)にミッドタウンにて実施しました。22人の方にご参加いただきました。中には何年もマンモグラムを受けていないという方もおり、「このような機会がもらえて良かった」とのお声をいただきました。この検診はSusanG.Komen Foundationからの助成金により開催されました。11月にも再度行いますので、ご興味のある方はJASSIまでご連絡ください。

null

Chisato Horikawa (堀川智里), LMSW, Japanese American Social Services, Inc. (JASSI) Director
Website: http://jassi.org
Donate JASSI now! or Support us while shopping at AmazonSmile
Celebrating 36 years of providing social services in the NY tri-state area

NY邦人メンタルヘルスネットワーク第18回定例会

ニュース 2018/06/25

NY邦人メンタルヘルスネットワーク第18回定例会が先週6月15日に開催されました。定例会のテーマ、’Psychopharmacology”について、ネットワーク代表の斎藤恵真児童精神科医師、メンバーで同じく精神科医師の松木隆志先生、総領事館医務官で精神科医医師でおられる継松秀太からご講演いただきました。
松木先生から特に危険性の観点からベンゾジアゼピンや睡眠薬の依存について、斎藤先生からは子どもによく処方されるSGA,stimulantについて、継松秀太先生からは過去のご経験から印象に残っている薬のお話がありました。過去10年間のPsychopharmacologyに関する最新のアップデート情報や、日米のPsychiatric medication処方についてのガイドラインの違いなどについてもお話しいただき、大変参考になりました。 講演後の質疑応答では、薬を服用することの患者にとっての意味(薬剤に支配されるのか、主体的に活用するのか)、informed consentの真の意味とは何か、精神科医と心理専門職の連携についてなど、興味深いディスカッションが行われました。

議事録はこちらをクリックください

今回はモントリオールからも児童精神科医師のエモン睦子医師がスカイプでご参会いただきました。今後も他都市のメンタルヘルス専門家の方々にもご参加いただけるようにしていければと思っております。

次回のイベントですが、11月にメンタルヘルスネットワーク主催のContinuing Education Series 第4弾 Skill-building workshopを予定しております。 次回の講師はCounseling Psychologistの表西めぐみ氏で、「Acceptance and Commitment Therapy(ABT)」について3時間から4時間のワークショップを行っていただく予定です。

第10回サクラヘルスフェア開催のお知らせ

トップ記事 2018/04/02

20180331-2018_sakura_health_fair2.png

共催:ニューヨーク日系人会、邦人医療支援ネットワーク(JAMSNET)
後援:在ニューヨーク日本国総領事館
第10回サクラヘルスフェアが2018年4月6日(金)から4月29日(日)まで開催されます。テーマは「 サクラと文化と健康!」です。全年齢を対象として多くのプログラムを企画しました。NY近郊にお住いの皆様、奮ってご参加ください。

申し込み・問い合わせは日系人会で受け付けております。
Tel: 212-840-6942, 6899
E-Mail: info@jaany.org

第10回サクラ・ヘルスフェアのスケジュールは下記からダウンロード頂けます。
こちらをクリックください。 

日米ケアによる南阿蘇の復興支援報告

トップ記事 2018/04/01

20180401-nichibeicare.png

日米ケアが2017年11月9日から13日までの4日間、南阿蘇において九州震災支援活動をしました。今年も現地の学生ボランティアと協力して楽しい企画を用意し、地元の人達に大変喜ばれる活動となりました。
南阿蘇の復興支援報告はこちらからご覧になれます。

BC Networkによる医療関係者へのインタビュー

ニュース 2018/03/21

20171203-bcnetlogo.jpg

BC Network の山本眞基子代表による医療関係者へのインタビュー動画です。
第1回 宮下麻子(米国登録栄養士)  「乳がん治療と治療後の食生活のアイデイア」
第2回 入江ハンナ(NYマウントサイナイ医科大学腫瘍内科・准教授)  「トリプルネガテイブ乳がんについて」
BC Networkのホームページからご覧頂けます。
http://bcnetwork.org/index.html  

医療検索サイト 「Medical Note」 に対談記事が掲載されました

ニュース 2017/12/16

医師・病院と患者をつなぐ医療検索サイト「Medical Note」に「世界医師会会長、外務省医務官、JAMSNET-それぞれの立場からグローバルヘルスへの貢献を考える」というタイトルで対談記事が掲載されました。(2017年12月15日付) 
記事はこちらをクリック下さい。https://medicalnote.jp/contents/171213-001-RN  

第3回JAMSNET World講演会の報告

ニュース 2017/12/03

第3回JAMSNET World講演会が11月26日(日)に、「世界の医療制度、その光と影、邦人の視点から」というテーマで、東京大学ダイワユビキタス学術研究館にて開催されました。当日は146名の方に参加頂き、会場は満員で立ち見も出るほどでした。カナダ、ドイツ、タイ、アメリカ、東京、さらにシンガポールから発表して頂き、参加者は普段余り聞くことができない海外の医療事情について熱心に耳を傾けていました。
各講演者の動画と発表スライドは下記からご覧ください。
http://www.jamsnettokyo.org/news/2017/12/post-55.html 

20171203-jamsnet_world_picture1.png 20171203-dr_hommapicture2.jpg

第7回乳がんタウンホールミーテイングの動画発信のお知らせ

ニュース 2017/12/03

20171203-bcnetlogo.jpg

2017年10月28日に横浜で開催した第7回乳がんタウンホールミーテイングの講師動画をアップしましたのでお知らせ致します。ぜひご覧ください。
動画ページ: http://bcnetwork.org/cn131/pg674.html
ミーテイングの内容:
【第一部】「対話で探る患者にとって最良の治療」
 1.患者・経験者へのインタビュー
  インタビュアー 土井 卓子医師(湘南記念病院 かまくら乳がんセンター長)
 2.講義
  沢田晃暢医師(昭和大学乳腺科准教授 横浜市北部病院)
   「最新の画像判断に変化あり」
  谷和行医師(平塚共済病院 乳腺内分泌外科部長)
   「乳がん治療拒否という選択肢の問題点」
  秋谷文医師(聖路加国際病院 女性総合診療部)
   「がん治療後の妊娠についての不安」
  津川浩一郎医師(聖マリアンナ大学病院 乳腺内分泌外科部長)
   「再発転移乳がん治療の告知と治療の進め方」
 3.参加者と講師の参加型ディスカッション 
【第二部】患者と経験者によるメイクとウィッグのショー 
 司会: 曽我千春(VOL-NEXT 代表取締役)
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»